保険のビュッフェで服用中でも入れる保険を見つけた

持病を抱えていても入れる保険を考察

長年健康だけが取り得で保険に加入をすることを考えたこともありませんでした。しかし50歳を迎えた時に糖尿病を患い、長い入院生活を経験してから金銭的負担を減らすには保険に入っておくべきだったとつくづく後悔したので保険のビュッフェで今の私に向いている保険を探してもらいました。

経済誌でファイナンシャルプランナーの資格を有した方が無料で相談・アドバイスをしてくれると紹介されていたのが行くきっかけでした。現在も糖尿病の薬を服用中という事を申し込み時に記入していたおかげで相談の時は既に数社のプランを出していてくれていて助かりました。

 

今後に備えたピッタリの保険が見つかった

重度の糖尿病なので薬は手放せず、これからも長期入院を必要とする可能性がとても高いので医療費の負担が限りなく少なくなる保険プランを担当者の方が見つけてくださいました。

外資系保険会社が用意した月額3475円で一生涯掛け金が上がらず、入院給付金も支払われるものに加入をしました。持病を抱えていると保険に加入は出来ないのではないかという不安を見事に解消してくれたので精神的にも楽になりました。今後高額な治療を行なっても家計に負担をかけなくて済むので治療に専念できそうです。親身になって相談に乗ってくれた保険のビュッフェに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です